Research and Development Center for

Minimally Invasive Therapies

Health Promotion and Preemptive Medicine

Home
 
 
G
M
T
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スピーチ機能は最大文字数200文字の制限があります
 
[removed]
 
オプション : 履歴 : フィードバック : Donate 閉じる
News
 
 
G
M
T
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スピーチ機能は最大文字数200文字の制限があります
 
[removed]
 
オプション : 履歴 : フィードバック : Donate 閉じる
People
 
 
G
M
T
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スピーチ機能は最大文字数200文字の制限があります
 
[removed]
 
オプション : 履歴 : フィードバック : Donate 閉じる
About Us
 
 
G
M
T
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スピーチ機能は最大文字数200文字の制限があります
 
[removed]
 
オプション : 履歴 : フィードバック : Donate 閉じる
Publications
 
 
G
M
T
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スピーチ機能は最大文字数200文字の制限があります
 
[removed]
 
オプション : 履歴 : フィードバック : Donate 閉じる
Contact Us
 
 
G
M
T
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スピーチ機能は最大文字数200文字の制限があります
 
[removed]
 
オプション : 履歴 : フィードバック : Donate 閉じる

about us

 
 
G
M
T
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スピーチ機能は最大文字数200文字の制限があります
 
[removed]
 
オプション : 履歴 : フィードバック : Donate 閉じる
Takafumi HAMAOKA, MD., Ph.D.
Professor and Director
Health Promotion and Preemptive Medicine
Research and Development Center for Minimally Invasive Therapies

 Health Promotion and Preemptive Medicine was established as a division of Research and Development Center for Minimally Invasive Therapies at Tokyo Medical University. The research purpose of this laboratory is to develop novel diagnosis and treatment methods with low or minimally invasiveness. We utilize omics technologies to establish a preemptive medicine by predicting onset of some diseases and conducting preventive intervention for realizing longer healthy life expectancy.

© 2017 TOKYO MEDICAL UNIVERSITY          

Research and Development Center

for Minimally Invasive Therapies

6-1-1, Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo, 160-8402, Japan

Tel: 03-3351-6141 (ext. 309)

​Japanese
 
 
G
M
T
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スピーチ機能は最大文字数200文字の制限があります
 
[removed]
 
オプション : 履歴 : フィードバック : Donate 閉じる