相澤研究員のメチルトランスフェラーゼに関する論文が掲載されました / Aizawa's paper on Shotgun proteomic investigation was published.

更新日:7月27日

相澤研究員の、メチルトランスフェラーゼに関する論文が「Biomedical Research」2022年43巻に掲載されました。

タイトルは「リポ多糖(LPS)で刺激されたRAW264.7マウスマクロファージにおけるメチルトランスフェラーゼおよびメチル化プロファイルのショットガンプロテオミクス調査」です。

この研究は、炎症モデルを使用して、LPS刺激がタンパク質アルギニンメチルトランスフェラーゼ(PRMT)を減少させ、マクロファージのアルギニンメチル化を減少させることを初めて示します。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/biomedres/43/3/43_73/_article

Aizawa's paper on Shotgun proteomic investigation was published in "Biomedical Research" in volume 43(2022).

The title is "Shotgun proteomic investigation of methyltransferase and methylation profiles in lipopolysaccharide(LPS) stimulated RAW264.7 murine macrophages".

Using inflammation models, this study demonstrates for the first time that LPS stimulation decreases PRMTs, leading to the decreasing of arginine methylation in macrophages.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/biomedres/43/3/43_73/_article


閲覧数:0回0件のコメント