低侵襲医療開発総合センター

先制医療・健康増進応用部門

Health Promotion and Preemptive Medicine

ご挨拶/About us

低侵襲医療開発総合センター 
教授 杉本昌弘
Masahiro SUGIMOTO,
Ph.D.Professor and Director
sugimoto2.png

 東京医科大学は2016年に創立100周年を迎え、記念事業の一環として同年4月1日に「低侵襲医療開発総合センター」が設置されました。センターでは治療や診断における患者の負担をできるだけ小さくする(低侵襲)治療法や診断装置の新規開発を目指します。

 AI・バイオインフォマティクス・シミュレーション等の情報解析技術、生体内の低分子を一斉分析するメタボローム解析技術を中心に幅広く医療・健康の分野に寄与できる成果を創出していきます。

    Research and Development Center for Minimally Invasive Therapies at Tokyo Medical University was established in 2016. The research purpose of this laboratory is to develop novel diagnosis and treatment methods with low or minimally invasiveness.

    We utilize AI, bioinformatics, mathematical simulation, and metabolomics to establish a preemptive medicine by predicting the onset of some diseases.

東京医科大学 医学総合研究所

低侵襲医療開発総合センター

Tokyo Medical University, Institute of Medical Science 

Research and Development Center for Minimally Invasive Therapies

〒160-8402 東京都新宿区新宿6-1-1

6-1-1 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 160-8402

Tel: 03-3351-6141 (内線/ext. 309)   Mail: mshrsgmt@tokyo-med.ac.jp

​Copyright Ⓒ Research and Development Center for Minimally Invasive Therapies